iPhoneが壊れてしまったときにはiPhone修理業者を利用するのがいいでしょう。しかし、どこに依頼をすればいいのか迷ってしまっている方も多いです。ここでは業者の選び方からどれくらいの費用がかかるのか紹介します。

修理業者は大きく分けて2つある

保証に入っているのなら正規店に修理依頼をする

iphoneが壊れてしまった時、みなさんも修理に出すと思いますが、修理してくれる業者の種類がいくつかあるのをご存知ですか?修理業者は大きく分けると2つあります。正規店とそれ以外の修理業者です。正規…

お金を節約したいなら街の修理屋を利用して直してもらおう

どんなに気を付けていても、iphoneを落として壊してしまうという事はあります。日常の中でも危険な箇所はいっぱいあります。ふと手許がすべって落としてしまう事や、トイレに落としてしまったという場合、…

宅配修理をしている修理屋さんもある

iphoneは、精密機器なので丁寧に扱っていても壊れてしまうことがあり、例えば、水濡れ・画面のヒビ割れ・動作の不安定などがあります。これらの故障は、放置して置くと症状がどんどん悪化してしまうことが…

iphoneの修理について

もし何らかの理由でiphoneを壊してしまった場合、iphoneの修理補償サービスに加入しておくと、ある程度の修理金額が補償されるので良いです。

バッテリー交換修理は6000円程度で対応

充電したのにすぐになくなるのはバッテリーが限界に来ている証拠

一人一台持っているほどに普及しているスマホですが、便利ゆえにいきなり使えなくなるのは使用者にとって苦慮するところです。スマホがいきなり使えなくなる要因として故障が最大要因ですが、その次に挙げられるのがバッテリーの消耗です。バッテリーは電気を保持する蓄電池なのですが、この蓄積しておける量というのは寿命があり使用すればするほど劣化していきます。判別の方法としては、スマホを満タンに充電したのにもかかわらず数分後にバッテリー残量の表記で一本分消えているのであれば劣化が進んでいることがわかるのです。もしそのような状態のバッテリーに充電し続けると、バッテリーに過剰な熱が発生しスマホの故障原因にもなりかねないので要注意となります。

バッテリーの交換費用はいくらぐらいか

寿命が近づいていると分かっていても、スマホの中に大切な情報がたくさん残っている場合には簡単に新機種にする決断は出来ないです。その場合には、やはり古いバッテリーから新しいバッテリーに切り替えるのが得策です。そのバッテリー交換の費用としていくらかかるのかというと、スマホ企業問わずに平均の交換費用は5千円から6千円が相場になっています。バッテリー自体が特殊な技術で作られている品物なので、その製造費がこの値段の内訳になるのです。そのため交換費用が高いと感じたときには、携帯キャリアの企業では交換に対して購入したときにオプションをつけていることがあります。例えば自社特有のポイントと交換できたり、月額で料金を支払う有償のサービスを受けることで無償で交換してもらえるという形です。